川沿いのまほろば・大山道を歩きながら名刹・古刹を訪ねる 約7.7km

ウォーキングコース

緑園都市駅スタート⇒新橋神明社⇒観音禅寺⇒中丸家長屋門⇒集いのまほろば⇒富士塚⇒向導寺⇒普光寺⇒西林寺⇒永明寺⇒

中川地区センター⇒弥生台駅ゴール

 

 

 

新橋神明社

昔、神明谷戸と云われたこの地域の鎮守様で嘉元年間(1303~6)の創建。

初めは国常立命一柱をお祭りしていたが、伊勢神宮を参詣、遥拝する人が多くなったため、正和年間(1312~15)天照大神を合祀した。

 

 



観音禅寺

元和元年(1615)阿久和村領主であった旗本・安藤治右衛門正珍(まさとし)が、先祖の冥福を祈るために創建したと伝わるが、墓は観音禅寺北方の「お墓山」にある。

 観音禅寺は鎌倉郡観音33札所の23番札所。

仏殿には、スリランカ国から奉安された「仏舎利(釈迦のお骨)」が祀られている。

同じく仏殿には、総丈4mの立派な釈迦涅槃像も祀られている。

 

 

 



中丸家長屋門

二階建ての長屋門は横浜では唯一と云う。現当主で18代目で、横浜市認定歴史的建造物。明治17~18年頃の建造です。

当社は先祖が建てた西林寺が菩提寺であったが、明治19年に邸内にキリスト教会を創ったそうです。戦時中に観音禅寺に改宗した。

 ドラマ「再会」「花より男子2」などロケ地にもなっています。

平成14年には「横浜・人・まちデザイン賞」を受賞した



向導寺(浄土宗

明治22年に中川村が誕生したとき、庁舎が新築されるまで仮庁舎が置かれていました。

 

 

 



富士塚

向導寺の裏山には、富士山を信仰する集団である富士講の人々が遥拝所として、また信仰の対象として富士山をなぞらえた人工の富士塚がある。

塚には、4つの富士講碑が立ち、塚の前には不動堂と琴平神社がある。

 

 

 



普光寺

高野山真言宗で宗祖は弘法大師空海。和歌山県の金剛峰寺の末寺。

室町時代中期の開山と云う。

境内には、「四国88ヶ所お砂踏み霊場」「賽の河原」「聖天堂」等があります。

 

 



西林寺(浄土宗

長禄4年(1460)開創。長屋門の中丸氏から出た「閑悦」和尚が開山です。寺の入り口にあるしだれ桜は有名で、桜の季節には大いに賑わう。

 家康の側室であった「於万の方」は岡津の人で、代官頭彦坂小刑部元正の推奨によって大奥に仕えていましたが、40才の頃、辞任したのち清源院尼と称し、竹の鼻に草庵を設けて住むようになり。その後、戸塚に清源院を建て移住し、その跡地に移転したのが今の清林寺だという説もあります。

 



永明寺

古文書によれば、天文11年(1542)「岡津郷領主太田越前の守入道宗真」の創立。

寺伝によれば、入道宗真は太田道灌の孫とされ、祖父道灌の菩提を供養するために、道灌を開創の祖として勧請しています。

 

永明寺の下の大山道には、道標を兼ねた地神塔と双体道祖神があります。

道標地神塔には、台座に「上り大山道、下りかしを道」

双胎道祖神は、文化10年(1813)の銘あがる。

 


永明寺別院

むかし、大山参詣の折には、必ず足を止めたのが、ここにある「大山道道標」です。

道標の正面に 庚申供養 大山道

左面に 享保十乙巳十一月吉日

右面 右 ほしのやミち とある。

 

 

 



⑩中川地区センター = ゴール

 

 右から

・唐破風笠付角柱型六手合掌青面金剛塔

・唐破風笠付角柱型文字「庚申塔」  萬延元(1860)

・唐破風笠付角柱型阿弥陀+三猿  寛文11 (1671)

・駒型六手合掌青面金剛塔+三猿  正徳2 (1712)






 

11月のウォーキングコース 「紅葉を楽しみながら・・・四季の森公園へ」只今募集中


コース名 「紅葉を楽しみながら・・・四季の森公園へ」

実施日 平成30年11月24日(土)小雨決行 荒天時は翌日実施

申込受付期間 11月16日(金)まで

集合場所 鶴ヶ峰駅改札付近 受付時間8:30~9:00

解散場所 四季の森公園解散 (12:30頃)

(解散後園内をゆっくり散策される方はお弁当をご持参ください)

参加費  500円(資料代・保険代含む)

 

 

         コースを詳しく観る