4A 名木と石仏・石塔を訪ねて相州道を歩く 約6.4km

 

コース

鶴ヶ峰駅→帷子川親水緑道→禅導庵跡→御嶽神社→嶋崎・金子稲荷のタブノキ→馬頭観音→椚谷公園→聖徳太子像→ 三反田稲荷神社→西岸寺→相州道→六十六部供養地蔵→座頭ころばし→鎌倉道→神奈川坂→神奈川坂神社→宮沢学舎→三仏寺→二俣川駅

 

 

主なポイントの写真紹介

帷子川親水緑道よりココロットを望む
帷子川親水緑道よりココロットを望む

帷子川親水緑道 開園平成元年 約1.6ha(4654坪)

帷子川の治水対策のため河川改修により生じた、旧河川部分と、河川沿いに残っている豊かで貴重な自然を最大限活用し、雨水の貯蔵機能を持たせるとともに、市民が楽しめる憩いの空間として横浜市が整備しました。

民間と行政が協力し、ハード・ソフトを含めた総合的な取り組みが行われている地区として、国土交通省後援の「都市景観大賞・美しい街並み賞」を平成20年に受賞しました。

 

 


禅導庵跡に残る牛頭供養塔
禅導庵跡に残る牛頭供養塔

禅導庵跡

享保6年(1721)随流院(保土ヶ谷区川島町)の隠居寺として禅導院宗伯和尚により建立されました。昭和52年本堂が老朽化したため廃寺となりました。本尊は釈迦の坐像で今は、随流院に奉納してあります。

 今も、入口に子育て地蔵が祀られていますが、このお地蔵さんにまつわる面白い昔話が語り継がれています。

 又、現在の大祓の基になったと云われる牛頭天王の供養塔があります。

 


御嶽神社の狛犬
御嶽神社の狛犬

御嶽神社

この地域の御岳講は、約150年程前にできたもので、講中で建てた神社です。ご神体は大口真神が祀られています。

この神は、真っ黒い精悍な姿をしている犬(狼)で泥棒除けの番をしています。



嶋崎・金子稲荷のタブノキ

樹齢 約350年 樹高約5m 胸高約6.25m

樹冠の広がり 東西24.3m  南北24m

 昭和49年 横浜市の名木・古木指定。

 昭和63年 横浜市の天然記念物に指定

 同年    神奈川県の名木100選に指定。

 


サッチャンの民話が残る馬頭観世音
サッチャンの民話が残る馬頭観世音

馬頭観世音

天明7年(1787)建立。何気ない観音様ですが、「馬頭観音とサッチャンと云う民話が残されています。

「馬頭観音の隣に住んでいたサッチャン婆さんに馬頭観音が乗り移り、サッチャンは易を診るようになり、よく当たることから評判になり、かなり遠方からの客も多かったようです。」


聖徳太子像
聖徳太子像

聖徳太子像 文化5年(1808)建立

寺院建設史上大きな功績があったとされる聖徳太子に由来する太子講(聖徳太子を奉賛する職業講)で江戸時代からこの地で、大工職人等の間で盛んになったと伝えます。

この像、髪はみずら型 手に柄香炉を持っています。

 

平成28年2月9日に三反田稲荷社に移転しています。

 


三反田稲荷社

お稲荷さんと云えば赤い鳥居ですが、こちらの鳥居は両部鳥居(厳島神社と同型)です。

境内には、道しるべ庚申塔(寛政8年)があります。

(右)保土ヶ谷道 (左)神奈川道とありますが、方角が合わないため開発のため移動してきたようです。

 

平成28年2月9日より聖徳太子像はこちらに安置されています。



西岸寺のお題目
西岸寺のお題目

西岸寺跡

西願寺は明治初年の神仏分離令により廃寺となりましたがいまでも写真のように、本尊阿弥陀坐像の前で、地元の有志の人たちに守られて、仮堂で定期的に念佛講が開かれています。本宿の浄性院の末寺でした。

当時は、廻国巡礼66部の本拠地であり、66部を納める寺の中の一つであったと思われるます。

 66部とは、自ら書き写した法華経を全国66ヶ所の霊場に一部ずつ納める目的で、諸国の社寺を遍歴する行脚僧のことを云いましたが、江戸時代には一般の俗人も行うようになりました。

鼠木綿の着物を着て、鉦を叩き、鈴を振り、厨子を背負い家々に銭を乞い歩きながら巡礼しました。

 



六十六部供養地蔵
六十六部供養地蔵

西岸寺の項で説明した66部の供養地蔵です。

 釈迦入滅後56億7000万年後に釈迦に代わって仏になり、衆生を救うといわれる弥勒菩薩の出現まで経典を諸国に分散保管するということが趣旨です。

 俗人も行うようになってからは、6部だけのミニ版が出現し一般化に拍車をかけ庶民の間に広がりました。

 

 


相州道よりココロットを望む
相州道よりココロットを望む

相州道の一本桜

横浜市の教育委員会による「横浜の古道」によると、

 相州道は、東海道から分岐し、星川~坂本~市沢~三反  田~本宿~二俣川~大和~厚木へ向かう道となっている。

 厚木街道は神奈川往還道ともいわれ、厚木~三ツ境~東希望が丘~二俣川駅前~本村~本宿~三反田~市沢~保土ヶ谷に入るとあります。

江戸時代より明治の中期までは、大変賑わった旧道であると記されています。

 現在の、保土ヶ谷バイパスが横切るあたりから、旭警察の前、区役所の前を通って16号線に出るまでの道路は昭和11年に完成し、厚木街道と認定されたのは昭和30年のことでした。

 


鎌倉中の道(本宿小学校の上)
鎌倉中の道(本宿小学校の上)

鎌倉中の道

幅2m位で緑区寺山町→白根→鶴ヶ峰→本宿(写真)→万騎が原→大池町→柏尾(戸塚)→鎌倉

(鎌倉上の道が瀬谷を横切る)

(鎌倉下の道が保土ヶ谷区を横切る)


神奈川坂
神奈川坂

神奈川坂

神奈川往還道の途中にある所から神奈川坂と云われてきましたが今は、ポール一本あるだけです。


神奈川坂神社
神奈川坂神社

神奈川坂神明社

風土記稿には本宿の内幸田谷にあり勧請の年代を伝えずとあり、旧本宿村の下川神社。他に本宿村には、原神社、谷戸神社の三社がありました。

今の名前は、それぞれ、神奈川坂神社、切割神社、上田神社と呼ばれています。


明治の頃の宮沢学舎
明治の頃の宮沢学舎

宮沢学舎 

「宮沢」は内田家の屋号で、江戸時代ここに寺小屋があった。

明治5年(1872)の学制発布により、明治6年から「宮沢学舎」として使用された。

明治8年(1875)学舎を三仏寺に移し、三仏寺→長昌寺→浄性院を4カ月交代で巡回授業を実施。

明治14年(1881)、二俣川大藪(現・二俣川農協)に二俣川小学校を新築した。

現在は物置として使用されている。

道路の反対側に大王松(だいおうまつ)がある。 黒松・赤松の葉は2枚だが、大王松の葉は3枚。

 

 


三仏寺さん所蔵の板碑
三仏寺さん所蔵の板碑

三仏寺 本村町76 あさひ散歩4 二俣川の歴史・明治の学び舎を巡る。をご参照ください。

 写真は三仏寺が所蔵する、板碑と机は寺子屋時代実際に使われていた机です。

板碑とは石造りの卒塔婆のことで、鎌倉・室町時代に死者追善供養あるいは、生前の逆修供養(生前に自分の仏事を修して死後の冥福を祈ること)のため建立されるもので、特に関東地方から多く出土されています。

 


参加申し込みはメールでも可能になりました ご利用ください

asahi_guide@outlook.jp


7月・8月のウォーキングは熱中症予防のためお休みします

9月のウォーキングコースは 「港町・横浜の魅力ベイエリア散策」 *コースを詳しく観る*

10 月のウォーキングコースは 「小さな公園と市民の森を巡って自然に親しむ」

 


 コース名 「小さな公園と市民の森を巡って自然に親しむ」

 

実施日 平成30年10月27日(土)小雨決行 荒天順延

集合場所 希望ヶ丘駅 受付8:30~9:00

解散場所 三ツ境駅 12:30頃

参加費 500円(資料代・保険料含)

申込期限 10月19日(土)

 

散策コース

希望ヶ丘駅(スタート)→長楽寺→春の木神明社→今宿公園→

今宿市民の森→笹野台緑地→笹野台北公園→矢指・追分市民の森→

楽老南公園→三ツ境駅(ゴール)

 

        *コースを詳しく観る*